【注目記事】丸パクリ歓迎・小論文 理想の医師像

【医学生の皆さんに知っていてほしい】チーム医療における医師の役割について

はじめに

より専門性の高い知識や技術が求められるようになった現在、医療の役割は細分化しているため、他職種との連携を密にとることは、とても重なことです。

チーム医療を円滑に進めていくには、全てのスタッフに言えることですが、医学生の皆さんもチーム医療について学ぶ必要があります。

そこで、今回はチーム医療とは何なのか、医学生の皆さんに知っていてほしいチーム医療における医師の役割について解説していきたいと思います。

チーム医療について

まず、最初にチーム医療とは何かについて解説したいと思います。

チーム医療とは、医師をはじめとする医療スタッフが連携、情報を共有し、互いに協力することで、より専門性の高い医療を患者様に提供することをいいます。

以前は、医師が全ての指示を行い各医療スタッフがそれに従い治療・ケアを行っていましたが、今は各医療スタッフが協力しあい密にコミュニケーションをとりながらケアを行っています。

チーム医療に関わるスタッフの種類は?

チーム医療に関わるスタッフには、どのような職種があるのでしょう?

病院で働く職種は本当に多いため、全てをこちらに記載することは難しいですが、代表的な職種としては医師に一番身近な存在として看護師がいます。

また、リハビリ専門の理学療法士、作業療法士などがおり、検査に関わるスタッフとしてレントゲン技師、臨床検査技師などがいます。
患者様に提供する食事を決めたり、栄養指導をするために栄養士も在籍しています。
他にも介護士、事務職員など、本当に病院で働くスタッフは多いです。

それぞれのスタッフで専門性が異なるので、どのような職種かきちんと把握したうえで関わるようにしましょう。

なぜチーム医療は必要?

では、なぜ医師が全てを指示する医療から、チーム医療へと転換していったのでしょうか?

それは、患者様の病態が各個人で様々であり、患者様の精神面や家族背景などが複雑に関わり病態に影響することが分かったからです。

そのため、疾患だけではなく疾患を含めた個人そのものを把握し総合的にケアしていかなければいけません。

そこで、リハビリはリハビリの専門家が、精神面に関しては精神に関する専門家が・・・というように役割がわかれていきました。

それだけでなく、医療は日々進化し、より高度になっています。

そのことで、より患者様のニーズに的確に対応できるようになってきましたが、それぞれのスペシャリストがいますので、的確に患者様を把握するために密にコミュニケーションをとることが必要になってきたのです。

医師のチーム医療における役割

次に、チーム医療における医師の役割について説明します。

結論から言うと、医師はチーム医療においてリーダになります。

なぜなら、治療の全体像を決めるのは医師であるからです。

医師は、患者様に関わる様々な職種・役割のスタッフを把握し率いていかなければいけません。

そのためには、ただ指示するだけではなく、スタッフ同士も人と人であることを意識し、丁寧なコミュニケーションを取る必要があります。

スタッフは同じ立場で、共に患者様に関わる仲間になります。

スタッフと信頼関係を築いておくことは非常に重要で、協力依頼をしたいときも、信頼関係があれば快く受け入れてもらうことができます。

そのため、治療の際だけでなく普段から互いを尊重し、丁寧な関わりを心掛けることで、より良い医療を進めていくことができるでしょう。

チーム医療を円滑に進めるために医学生のうちに知っておくべきことは?

チーム医療を円滑に進めて行くために、医学生の皆さんが学ぶべきことは、それぞれの職種の専門性について適切に理解することです。

臨床の現場で時々、それぞれの専門性に合っていない指示をしている医師が見受けられます。

例えば私が経験したことで例をあげると、作業療法士へ歩行訓練を指示している事例がありました。

作業療法士も、もちろん歩行訓練を行うことは出来るので指示として間違っているわけではありません。

ですが、専門性を考慮すると理学療法士が歩行訓練を行った後、作業療法士に繋ぎ、退院にむけて患者様に必要なことを考え、より患者様の生活に近いリハビリをするのが専門性に合った流れであると言えます。

このような事例を聞くと、せっかく細分化された専門性の高いスタッフがうまくいかせていないと思いませんか?

そのため、医学部だけで過ごし、医師とだけ関わるのではなく、医学生のうちから様々な視点で色々な職種と関わることが必要であると考えます。

医師以外のことは分からない・・・ということがないよう、他のスタッフと積極的に関わり臨床に入った際、チーム医療を円滑に進めてほしいと思います。

医師・医学生のチーム医療における役割のまとめ

これまで、チーム医療における医師・医学生の役割についてまとめていました。

これから、臨床に入り一緒に働いていく医学生のみなさんには、ぜひ医学部に所属しているうちに幅広い視野で他職種と関わっていってほしいと思います。

他職種で連携し、共に患者様により良い医療を提供していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

チーム医療における役割について悩む医学生の皆さんの助けになると嬉しいです。

 

(Visited 362 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。