【注目記事】丸パクリ歓迎・小論文 理想の医師像

Post CC OSCE 練習用シート 2歳6ヶ月 男児 主訴:発熱、頸部の腫脹

【課題シート1】

あなたは初期研修医です。外来にやってきた以下の患者さんを診察してください。

患児:〇〇△△くん 2歳6ヶ月 男児

母親:〇〇▽▽さん 27歳

主訴:発熱、頸部の腫脹

 

【課題シート2】

身体所見は以下の通りです。追加の診察を行なってください。

意識は清明。体長89cm、体重13kg。体温38.5℃。脈拍140/分、整。血圧90/60mmHg。呼吸数22/分。

 

【課題シート3】                                                     

指導医にこの患者について報告してください。

 

 

 

O(onset発症様式):3日前から38 ℃台の発熱が続き、今朝から頸部の腫脹に気付いた。

P(palliative/provocative 増悪・寛解因子):特になし

Q(quality/quantity 症状の性質・ひどさ): 結構くるしそう

R(region/radiation 場所・放散の有無):わからない

S(severity/associated symptom 程度・随伴症状):眼も赤いし、口がただれているみたい、舌も腫れているように思える。

T(time course 時間経過):3日前から発熱。おとといから上記随伴症状にも気づいた。

P(past  medical  history 既往歴):なし

A(allergiesアレルギー):とくになし

M(medication 服薬歴):とくになし

H(hospitalization 入院歴・手術歴):入院・手術はしたことがない。輸血歴なし

U(urinary 排尿):変化なし

G(gastrointestinal 消化器症状・排便・食欲・体重変化):便秘、下痢、血便なし。食欲は変わらない。体重変化わからない。

S(sleep 睡眠):眠れている。

O(OB/GYN妊娠歴・月経歴): -

S(social history 喫煙歴・飲酒歴・職業・趣味・渡航歴・ストレスなど):

飲酒、喫煙:-

発達歴、発育歴:39週で出生、2800g。今までの健診や保育園で指摘されたことはない。ワクチンは全部打っている。

S(sexual history 性的活動):―

解釈モデル:兄(5歳)は元気だし、同じ保育園の園児も同じような症状の子供はいない様子。この子だけこの症状だから気になる。

 

現 症:両側眼球結膜に充血を認める。口唇の紅潮、いちご舌。左頸部に径3 cmのリンパ節1個と径2 cmのリンパ節1個とを触知する。前胸部に紅斑を認める。BCG接種部位は変化なし(BCGを摂取したのは5か月のとき)。心音と呼吸音は泣いていて聴取できない(→お母さんにあやしてもらうようにお願い→泣き止んだら…聴診所見は異常なし)。右肋骨弓下に肝を2 cm、左肋骨弓下に脾を1 cm触知する。

診察は胸部→腹部→頭部の順に行いましょう。

(1) 発熱

(2) 両側眼球結膜の充血

(3) 顔面写真での口唇の発赤

(4) 前胸部の紅斑

(5) 頸部リンパ節腫脹

 

想定疾患:川崎病

鑑別診断:感染症(アデノウイルス、EBウイルス、インフルエンザ、麻疹…)、若年性特発性関節炎、

今後の検査:心エコー、心電図、血液検査、胸部レントゲン、咽頭培養、血液培養、尿検査

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

小児特有の気を付けることを赤字で書いてあります。注意して診察しましょう。

(Visited 334 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です